米大学内の「孔子学院」監視強化で全会一致

 米上院は3月4日、中国共産党のプロパガンダ機関である孔子学院の米大学での影響力を取り除くための法案を全会一致で可決した。

 法案は、大学側が孔子学院の活動、資金、スタッフの採用などを独立管理することを規定する。違反した場合、大学は連邦政府の助成金の受給資格を失う。

 法案を提出したケネディ議員は、孔子学院は「(受講した学生が)ウイグルやチベット、香港、天安門事件についての発言を許していない」と批判した。

 また、議員が発表した声明で、「孔子学院は、すべて中国共産党の支配下にある。彼らは学術の自由と言論の自由を平然と脅かすプロパガンダ宣伝機関である」と痛烈に非難した。

 全米学識者協会によると、米国内には少なくとも55の孔子学院があり、うち48は大学内に設置されている。

 上院が2019年に公表した報告書によると、それまでに中国共産党政権は孔子学院を通して、米大学などに1億5800万ドル(約171億円)以上の資金を提供した。 (以上 大紀元)

******************

 171億円は米国ないでの工作資金の一部である。

 「孔子学院」などと、もっともらしく名乗っているが「孔子」とは縁もゆかりもない中国共産党の直属の宣伝機関である。る。

 ポンペオ前国務長官は「孔子学院」をスパイ機関と断定した。 

 世界の約100か国に「孔子学院」を設置し、中国化へ向けての洗脳活動を続けている。これも覇権の一環だ。

 日本政府は「孔子学院」を放置したままだ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント