福島原発の大爆発は安倍晋三による「人災」だった!

 東日本大震災の直後の東電福島第1原発の水素爆発を「想定外の事故」と関係者は言うが、誤りだ。立派な「想定内の人災」だった。

 安倍晋三が非常用電源喪失に伴う対策強化を拒んだ結果、あの大爆発と大量放射能の広範囲への拡散、世界史に残る大惨事を引き起こした。

 大震災や大津波による原発に危険性は早くから国会で繰り返し指摘されていた。その代表例がこれだ。

 京大工学部原子核工学科出身で日本共産党の吉井英勝衆院議員(当時)は、2006年から日本の原発が地震や津波で冷却機能を失う可能性があると再三、指摘し追及してきた。

 2006年12月13日には「巨大地震に伴う質問主意書」を政府宛に提出。巨大地震の発生で「電源喪失により原子炉が冷却できなくなる恐れがある」と危険性を指摘した。

 吉井は「原発からの高圧送電鉄塔が倒壊すると、原発の負荷電力ゼロになって原子炉停止だけでなく、原発の機器冷却を作動させるための外部電源が得られなくなるのではないか?」との質問に、安倍晋三は答弁書でこう答弁。

 「外部電源から電力の供給を受けられなくなった場合でも、非常用所内電源からの電力により、停止した原子炉の冷却が可能である」

 さらに吉井が「現実には、自家発電機(ディーゼル発電機)の事故で原子炉が停止するなど、バックアップ機能が働かない原発事故があったのではないか。」とたたみかける。

 安倍は「我が国において、非常用ディーゼル発電機のトラブルにより原子炉が停止した事例はなく、また、必要な電源が確保できずに冷却機能が失われた事例はない」と一蹴した。

 吉井が非常用電源喪失に伴う対策強化を求めたのに対し、「地震、津波等の自然災害への対策を含めた原子炉の安全性については、経産省はじめ原子力安全委員会が安全確保に万全を期している」と拒否。

 その結果、東電福島では2011年3月、吉井英勝が指摘した通りの大惨事を引き起こした。世界史に記録された悲劇である。

 日本人は、安倍晋三が「福島を殺した」ことを忘れてはならない。

詳しくはここをクリック
安倍晋三が「全電源喪失はありえない」と地震対策を拒否
https://lite-ra.com/i/2015/03/post-933-entry.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント