中国製ワクチン受け入れはバッハのタワゴト!

 中国は7月の東京五輪と来年2月の北京冬季五輪に中国製コロナ・ワクチンの提供を申し出た。

 これに対しIOC会長のバッハは、「これで東京と北京の参加者がワクチンを利用できる」と受け入れる考えだ。

 日本の承諾なしに勝手なことを言ってもらっては、はた迷惑だ。

 第一、臨床試験もあいまいで、安全性も不確かな中国製は欧州が認めていない。

 中国製ワクチンを打って東京大会を開くなど、バカバカしくて話にならない。あり得ない。

 IOCに中国がにじり寄ったのは、北京五輪への「風圧」回避が狙いである。

 チベットやウイグルなど少数民族に対する弾圧に反対する国際人権団体は、「中国での五輪を許すな」と世界に訴えている。

 欧米からも、一国二制度を有名無実化し香港締め付けを強める習近平政権に反対し、「平和の祭典」にふさわしくない北京五輪をボイコットすべきとの声が高まっている。

 中国製ワクチンはバッハのタワゴトである。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント