大震災10年式典で両陛下「被災者への変わらぬ思い」!

 東日本大震災から10年目を迎えた3月11日、天皇・皇后両陛下は東京・国立劇場で開かれた「東日本大震災10年追悼式」に出席。

 天皇陛下は「今後とも被災地の方々の声に耳を傾け、心を寄せ続けていきたい」と、被災者への変わらぬ思いと、震災の教訓を次の世代に語り継いでいく大切さを語られた。

 両陛下は約6分間にわたるお言葉について、追悼式の直前まで推敲すいこうを重ねられたという。この辺りにも被災者に寄り添う両陛下の人柄が偲ばれる。

陛下のおことば全文はここをクリック
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210311/k10012909601000.html

*****************
参考
 余談だが安倍晋三は首相当時、広島や長崎の平和記念式典で前年のあいさつ文を使い回し、ひんしゅくを買った。

 陛下とは人柄が文字通り天地の大差だ。

 父、晋太郎が生前、親しい者にこう言った。「あいつ(晋三)は、人の心が分からない。政治家には向いていない」

 ところが、おやじが死んだ途端、利権を手放したくない周囲が晋三を擁立した。

 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント