中国の尖閣挑発に「日米の決意を試している」と米司令官!

 米国のインド太平洋軍のデービッドソン司令官は9日、議会の公聴会に出席し、「中国は、今世紀半ばまでに世界的な指導力で米国に取って代わろうとしている」と述べ、沖縄県の尖閣諸島周辺や南シナ海での中国の軍事活動に危機感を示した。

 また尖閣諸島については、中国が空軍や海軍、海警局の公船を動員して領有権を主張し、「日米の決意を試そうとしている」と指摘。 その上で、中国に対する抑止力強化のため、インド太平洋軍に射程500キロ以上のミサイルなどを配備する必要性を強調した。 (以上 テレビ東京)

*********************

 海事法を制定した習近平中国は2月1日から沖縄県の尖閣諸島周辺での武器使用を認めるなど、一段と緊張を高めている。

 米国はエスカレートする中国の挑発に危機感を見せ、本腰を入れて対抗する構えだ。

 当事者である日本はどうするのか? 

 度重なる中国の挑発に、官房長官の加藤勝信は「断じて認められない」と繰り返すだけ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント