官僚は首相長男の接待を「恐くて断れなかった」?小沢一郎!

小沢一郎がツイートした。

その1
総務省局長の秋本芳徳が会食の事実を認めた。「総務省の課長を飛ばしてやった」と自著で自慢する菅総理。その長男からの誘い。

接待を受けた幹部の責任は免れないとしても、恐くて断れなかったという面もあるだろう。

嫌われれば人事で報復、好かれれば出世。安倍政権からのこの8年間で完成した権力の私物化。

菅総理は、総理になってはいけない人物。

その2
「日本を取り戻す」をスローガンに、安倍自民党政権は復権した。それから8年。日本は実に多くのものを失った。

行政や司法への信頼、社会の公平性、産業の創造性、数え切れない。そこに今回は国際的信用が加わった。

自民党政権は、一体どれだけ壊せば気が済むのだろう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント