この期に及んでなお森喜朗を擁護するJOCと日本政府!

 森喜朗の女性差別発言にJOCの山下泰裕会長は5日になってやっと、「不適切な発言だった」と語った。が、森の進退については「最後まで全うしていただきたい」と擁護した。

 菅義偉首相も森が会長を務める東京五輪の「組織委員会は公益財団法人。首相として指示をすることはできない」と否定した。

 こうした発言が世界に誤解を生むことになる。JOCといえば日本オリンピック委員会のことだ。その会長や首相が擁護と受け取られる発言をすれば、日本全体が「そういう空気」だと錯覚される。

 菅義偉の言う通り、東京五輪の組織委は独立した別組織だ。だが、「世界に誤った発進をする森喜朗さんのような方が会長に留まることがふさわしいのかどうか疑問だ」程度のことは言って差支えないのではないか。

 ここぞという大事な場面で、必要な発言が出来ない日本。

 世界との「感覚のズレ」はいつになれば解消するのか?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント