安倍政治を継承した菅首相は間違っていると藤井裕久!

 昔の自民党には立派な人物がいた。藤井裕久・元財務相もその1人だ。「菅義偉首相は国家観を明らかにすべきだ」と藤井は言う。

 だが、予期せぬ出来事でタナボタ式に急きょ首相ポストに就いた菅義偉に、「国家観」などと言うケッコウなものはない。その点は安倍晋三と同じだ。

 私がよく知る三角大福の時代は、自分なりの政治哲学を持っていた。三木武夫も、田中角栄も、大平正芳も、福田赳夫も、早くから将来の総理・総裁を目指し、それぞれが自分なりの国家像を描いていた。

 だが、小泉純一郎あたりから小粒になり、「場当たり政治」を行うようになった。大局観のカケラも見当たらない。

 特に安倍晋三はひどい。オノレやオトモダチのために「国家を私物化」するに至った。森友事件や加計疑惑、サクラ疑惑などはその典型だ。

 そんなヘドロにまみれた安倍政治を継承したのが菅義偉である。  当然、「国家観」などあるわけがない。

***********************
藤井裕久が毎日新聞でこう語った。

 安倍晋三前首相は国家観、歴史観が非常に間違った人だった。政治的に言わねばならなかったのだろうとは思うが、菅義偉首相が安倍政権を引き継ぐと言って政権に就いたことは非常に残念だった。

 現在の菅政権は必ずしも安倍政権をそのまま引き継いでいるとは言えないようだ。しかし、日本学術会議の問題では本音が出た。この点では安倍政権を引き継いだ。

 安倍政権から引き続き務めている杉田和博内閣官房副長官の名前も出ている。

 任命拒否された加藤陽子東京大学教授は私が主宰する勉強会にもたびたび来ていただいた。加藤さんは共謀罪には反対だ。結局はそうした人を排除する安倍政権の考え方を引き継いでいる。

 また、突然、政権に就いたことは否定できない。だから、当たり障りのないところからやろうとしているように見える。ハンコをどうするとか、あるいは携帯電話料金を下げるとか、それはいいが、本当は国家観をもっと見せてほしい。

 「私は安倍さんとは違う、国民が主体の国家であって国家が主体の国家ではない」ということから始めるべきだった。

 やはり一国のリーダーならば、国家観を持たなければならない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント