「肛門PCR」はやめてと日本大使館が中国にお願い!

 中国の「肛門PCR」 日本大使館が実施しないよう要請、とTBS。

 それによると、中国では一部の入国者に対して肛門からの検体採取によるPCR検査が行われていますが、この方法について、在中国日本大使館が中国側に実施しないよう申し入れていたことがわかりました。

 中国では入国の際にPCR検査を義務づけていて、鼻や喉からの検体採取以外に、一部の入国者に対して肛門からの検体採取が行われてきました。今年に入ってからは肛門での検査を実施する場所が増えていて、日本政府関係者によりますと、検査を受けた日本人からは不満の声が上がっていたということです。

 こうした事態を踏まえて、北京の日本大使館は中国側に、肛門での検査は精神的苦痛が大きいため実施しないよう申し入れしたということです。  (以上)

***********************

 「一部の入国者」に対して肛門からPCR検査。日本や米国などに対する完全な嫌がらせである。

 ここは「要請」ではなく、「抗議」または「拒否」だろう。

 日本政府は毅然とした姿勢を見せないから、共産中国のような国に舐められるのだ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント