北朝鮮が韓国兵捕虜とその子孫を奴隷扱い!

 【ソウルAFP=時事】韓国の人権団体は24日、北朝鮮が「韓国兵捕虜とその子孫を数世代にわたり炭鉱で奴隷労働に従事」させてきたとの報告書を発表した。

 北朝鮮では1950~53年の朝鮮戦争後、数万人に上る韓国兵捕虜が北朝鮮にとどめ置かれた。

 韓国ソウルに本部を置く人権団体「北朝鮮人権市民連合(NKHR)」は、捕虜たちが奴隷のような状態で炭鉱での苦役に従事させられ、その過酷な境遇は子孫にも引き継がれたと指摘。

「住居や仕事を替えたり、高等教育を受けることが許されなかった」と説明した。

 2014年の国連調査によると、朝鮮戦争後に北朝鮮での韓国兵捕虜は少なくとも5万人で、うち500人前後が存命中だという。 (以上)

*****************************

 文在寅は、2018年の北朝鮮との首脳会談で、この問題を一切取り上げなかった。

 それどころか文在寅は北朝鮮支援に、いまだに熱心だ。

 文在寅は本当に、韓国の大統領なのか?

 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント