60隻から130隻以上に倍増した中国海警局の艦船!

 習近平が武器使用を求めたことで、沖縄県の尖閣諸島周辺で連日挑発を繰り返す中国海警局の艦船。

 尖閣周辺の海は、沖縄漁民にとって格好の魚場だが、中国艦船が追い回し、「漁が出来る状態ではない」と漁民は悲鳴を上げている。

**********************
時事通信が報じた。

 武器使用に関する規定を定めた海警法に基づき、中国海警局は軍と共同訓練を行うなど事実上の「第2海軍」。沖縄県・尖閣諸島に対する脅威は高まる一方だ。

 昨年の米国防総省報告書によると、排水量1000トン以上の海警局の船舶は2010年以降、60隻から130隻以上に倍増。

 1万トン級の大型船舶など新造艦の多くはヘリコプターの発着が可能で30~76ミリの機関砲など武器も搭載。

 船舶の大型化により悪天候でも航行が可能になり、尖閣周辺での活動頻度の増加につながっている。
 
 また、海警局の船舶は、ベトナムやフィリピンなどと領有権を争う南シナ海でこれらの国の漁船に「違法行為があった」として発砲したり、衝突して沈没させたりするなどしてきた。

 海警局は2018年に中国軍の最高指導機関である中央軍事委員会の指揮系統に入った。

 海警局は東海艦隊副参謀長などを歴任した海軍出身の王仲才少将がトップを務め、軍との一体化が進んでいる。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント