「自分が被災者だったら」と思うと、人の痛みがよく分かる!

 こう言う記事を目の当たりにすると、かける言葉が見つからない。

 どうして、福島ばかりがこんなひどい目に遭うのだろう。

 「もし自分が被災者だったら」と、思いを致せば人の痛みがよく分かる。

********************
毎日新聞が伝えた。

 福島県内で最大震度6強を観測した地震は20日、発生から1週間を迎えた。大きな住宅被害が出た地域では、地震で物が散乱した家の中を片付ける人や、壊れた屋根を覆うブルーシートが風で飛ばされないよう作業する人の姿があった。現在も避難所で生活を続ける人々の顔には、疲労の色が見えた。

 修理費は数百万円にのぼると試算し、行政による支援を望んでいる。ブルーシートで雨を防ごうとしたが、配布されるシートや土のうの数では足りず、山形県の弟から譲ってもらった。屋根に土のうを乗せる作業は重労働だ。「この年齢でこの作業はきつい。10年前の震災より今回の方がひどい」と、やるせない気持ちを明かす。

 福島市立中3年、七島大地さん(15)は、自宅の井戸水や電気が使えなくなるなどの被害があり、母と姉、弟と福島市内の避難所で生活している。県立高校入試の前期選抜が3月3日に予定され、深夜まで避難所内で受験勉強を続けている。七島さんは「夜に寝付けず、普段と生活リズムも変わってしまった。疲れもたまっていて、入試が不安」と話した。

詳しくはここをクリック
https://mainichi.jp/articles/20210221/k00/00m/040/022000c

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント