中国海警法に対し、日本への「同盟義務を堅持する」と米国!

 米国務省のプライス報道官は19日、外国船舶への武器使用を認めた中国海警法に強い懸念を表明した。

 日本とフィリピンに対しては「同盟国としての(履行)義務を堅持する」と強調した。

 さらに報道官は、中国海警法を根拠に中国が「東シナ海や南シナ海をめぐる自国の主張を押し通そうと、武力を含む実力行使に踏み切る恐れがある」と警告した。

 沖縄県の尖閣諸島周辺の日本の領海に中国海警局の艦船が繰り返し侵入していることなどを踏まえ、「米国は海警法に懸念を表明するフィリピン、ベトナム、インドネシア、日本などの国々に加わる」と言明した。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント