福島原発で水位低下? 放射能はどうなるのか?

 原発の「水位の低下傾向がみられる」と共同通信の記事。水位が低下したらどうなるのか?

 「溶け落ちた核燃料への注水は継続中」? 危険が増すのかどうか? 核燃料が熱を持ち、大量の放射能が拡散するのか? どうなんだ?

 読者はそこが知りたいのだが、一番大事なことがなにも書いてない。中途半端な記事だ。

 原発のニュースにはフクシマ以来、日本人の神経がピリピリしている。だからこそ丁寧な説明が必要だ。

 東電の発表を垂れ流して終わりなら、記事とは言えない。

 記者は「水位が低下したらどうなるのか?」と疑問に思わなかったのか?

 もしかして、そんなことも気が付かないのか?

*********************
共同通信の記事。

 東京電力は19日、福島第1原発1、3号機の原子炉格納容器で水位の低下傾向がみられると発表した。13日に宮城、福島両県で最大震度6強を記録した地震の影響の可能性があるという。

 溶け落ちた核燃料への注水は継続中で、冷却に問題があるとの情報はない。周辺の放射線量に変動はないという。

 東電によると、18日に1号機で水位低下傾向を確認し、他の号機も含めて詳しい状況を調べ、3号機でも水位が低下傾向と分かったという。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント