閣僚ポストを橋本から丸川へと派閥内でたらい回し!

 橋本聖子が初めて出馬した時から、森喜朗が「自分の娘」などと持ち上げ、目をかけてきた。その「娘」が不祥事でクビになった「父」の跡を引き継ぐというのだから批判が出るのはやむを得ないだろう、と日刊ゲンダイが批判した。

 しかも、菅義偉は橋本の後任の五輪相に丸川珠代を起用。橋本、丸川ともに森が所属していた派閥・清和会の流れを引き継ぐ細田派に所属。何のことはない。仲間内で閣僚ポストのたらい回しをしているだけ。

 新聞・テレビは「橋本新会長は組織委の体質を変えられるのか」と報じているが、福田赳夫元首相の秘書を務めた中原義正はこう言う。

「今回の人事は森前会長の影響力を残そうということ。体質を変えられるわけがない。なぜ、メディアは『刷新できるか』などと報じているのか。刷新できるはずがないのは明らかだろう。メディアは五輪憲章で禁じた政治介入がますます強まっていると指摘するべきだ」
(以上 日刊ゲンダイ)

*********************
余禄。

 今の人は知らないだろうが福田赳夫とは、「三角大福」とよばれた時代の首相で、息子が福田康夫。

 康夫も押されてのちに首相になったが、安倍晋三や麻生太郎、二階俊博、森喜朗らのような権力欲はなく、さっさと首相をやめ、国会議員もやめてしまった。

 安倍が安保法(戦争法)や共謀罪を強行するなど国家主義色を強めた。その一方で、森友事件や加計疑惑に見られるように、公然と国家を私物化。

 これはいくらなんでもやり過ぎだ、と元総理の福田は安倍を何度か諫めた。そのうちに安倍が「日程が立て込んでいて」などと、”居留守”を使って福田を遠ざけるようになった。

 権力の虜になった安倍は「自分に酔い」歯止めが利かなくなって行った。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント