コロナ第3波で重症やその後の死亡が増加!

コロナ感染拡大の「第3波」にあたる去年11月に入院した患者は、その前の時期より入院の時点で重症だった人が増え、その後亡くなった割合もやや増えたことが国立国際医療研究センターなどの調べで分かった。

病床がひっ迫する中、高齢者など重症化リスクの高い人が多く入院していたことを反映していると見られている。

センターは、感染拡大の「第3波」にあたる11月に入院した患者は全国で3053人登録されていて、入院の時点で人工呼吸器が必要など、重症だった患者は632人と入院患者全体の20.7%で、その前の6月から10月までの5か月間の16.9%より多い。

また、11月には入院時に軽症や中等症だった患者で亡くなった人は1.4%で、その前の5か月間とほぼ変わらなかった一方、入院時に重症だった患者では12.3%が亡くなり、9.5%だったその前の5か月間よりやや増加。

入院患者のうち、60代以上の割合は11月には45.7%とその前の5か月間の35.6%より増えていて、「病床がひっ迫する中で、重症化リスクが高い高齢者などが中心に入院していたことが反映されている」と厚労省。  (以上 NHKより抜粋)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント