バイデン政権が労働者の最低賃金「倍増」を検討!

ハッタリが得意だった張り子のトランプに比べ、バイデンは足元から一つ一つ改善しようとしている。評価したい。

*******************

 日経によると、バイデン米政権は、連邦政府が定める労働者の最低賃金を時給7.25ドル(約760円)から2倍の同15ドルへ引き上げる検討に入った。

 引き上げが実現すれば12年ぶり。12年間で物価は2割近くも上昇しており、低所得層の賃上げの要望は強い。

 共和党は「雇用を損なう」と反対。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント