誰もがアッと驚く菅義偉首相、仰天の再選戦略!

 東京五輪の7月開催に全力を傾注していた菅義偉首相が突然、「五輪中止」を宣言するかも知れない。 

 政治の世界には「一寸先は闇」という格言があって、何が起きるか予想がつかないのが政界だ。

 下げ止まったとはいえ、内閣支持率は最高時の半分に低迷したままだ。衆院の任期は今年の秋である。それまでに菅首相が「解散総選挙を打てるか」と言えば、至難の業である。

 二階俊博の顔色を気にしたばかりに、GoToトラベルでしくじり、中国など11か国ビジネス関係者との往来中断に後れを取った。緊急事態宣言も遅きに失した。そこに、せがれの接待疑惑が舞い降りた。さらに、森喜朗の差別発言が輪をかけた。

 もう、シッチャカ、メッチャカ。自民党内からは「菅では選挙が戦えない」と首相交代論まで飛び出す始末。コロナの終息のめどなど立つ状態ではない。国民の7割強が五輪開催に否定的だ。

 そうした中で菅義偉は9月に自民党総裁の任期を迎える。続投するにはアッと驚く秘策が不可欠。そこで考えられるのが「7月五輪の中止決断」である。

 この”英断”に有権者はビックリするに違いない。ここで流れを一気に変えて、解散総選挙に打って出るという寸法だ。

 野党の候補者調整は進んでいない。例によって自民党は大勝し、無投票で菅義偉は自民党総裁に再選されよう。

 これが、私が予想する菅義偉のウルトラXYZである。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント