人の命を救う「貴重なワクチン」を平気で捨てる日本!

 加藤勝信官房長官は16日の記者会見で、新型コロナウイルスワクチン1瓶の接種回数を「6回から5回に減らした」ことに伴う対応について「使われないものは廃棄になる」と述べた。

 厚生労働省が用意しているほぼ全てのタイプの注射器では充填(じゅうてん)したワクチンの一部が使い切れずに残る。 (以上 時事通信)

***********************

 世界で使っている注射器は6回分がキッチリと打てる。ところが日本製は5回しか打てない仕組みになっているそうだ。

 そんなことはとっくの昔から分かっていたことだ。

 厚労省は、なぜ、手を打たなかったのか? 最初にワクチンを発注した当時の厚労相は加藤勝信だ。

 何を質問しても「ナニナニだと、聞いております」と答弁。オノレが責任者であることの「自覚」が全くないナマクラ大臣。

 新型コロナのワクチンは、効果が高いことが分かり、世界中で取り合いが続いている。

 人の命を救う貴重なワクチンを日本は捨てる気か? もったいないでは済まない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント