砲を備えた中国艦船が尖閣で日本漁船を追い回す!

 沖縄県の尖閣諸島の周辺で、今日も「砲を備えた中国艦船」が23時間にわたって日本の領海に侵入。二手に分かれ日本漁船を追い回した。

 日本政府が何度、中国共産党政府に抗議しても、相手は一向に意に介さない。

 あなたはこの状況をどう考える? 

 大事なことだ。傍観せずに「自分はこう思う」との意見を聞かせてもらいたい。人ごとではない。

 あなたも「当事者」であることを忘れてはならない。

********************

 時事通信によると、沖縄県石垣市の尖閣諸島沖で15日から16日にかけ、中国海警局の「海警」4隻が約23時間にわたり日本の領海に侵入した。日本漁船に接近しようとしたため、海上保安庁の巡視船が安全を確保し、領海外へ出るよう警告した。

 海警2隻が15日午後1時半ごろ、南小島南南東の領海に侵入。さらに別の2隻が16日午前4時15分ごろ大正島南南東の領海に侵入した。4隻はいずれも同日午後0時20分ごろまでに領海を出た。

 2隻ずつに分かれた海警は、操業中の日本漁船2隻への接近を繰り返したり、付近にとどまったりした。
 中国は今月、海警局への武器使用を認める「海警法」を施行し、尖閣周辺海域は緊張が高まっている。

 海警4隻の中にはこれまで同様に「砲を備えた艦船」が含まれており、加藤勝信官房長官は16日の記者会見で、「国際法違反」として中国側に連日抗議していると明らかにした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント