森喜朗に五輪業者などから6000万円献金!

「ロンドン五輪組織委のコー会長は年間8000万円だか貰っていたそうだ。日本の組織委会長は一円も貰っていないどころか、飯代も車代も運転手も自分で雇っている」と森喜朗。

 さも「無報酬」だと言いふらしているが、実際にそうなのかと週刊ポストが調べた。

 森は2012年に政界を引退したあとも自身の政治資金集め団体「春風会」は2017年まで存続した。

 その収支報告書を見ると、組織委会長に就任した2014年1月以降も多額の資金を集めていたことが分かる。

 2014年は年間で6000万円超の収入があり、そのうちパーティー券収入は約5200万円。

 2016年にはザ・プリンスパークタワー東京の忘年会で一度に4902万円のパーティー券収入を得ている。

 パーティー券の購入者には森の地元・石川県の企業が多く名を連ねるが、その中に東京五輪と関連する会社もあった。

 オフィスの間仕切りやトイレの個室の壁などパーテーションメーカーとして国内トップシェアを誇る「コマニー」(石川県小松市)はそのひとつ。

 パーティー券を購入した「コマニー」は、東京都オリ・パラ準備局が発表した「東京2020大会の契約案件一覧」に、選手村関連の間仕切り工事を受注したことが記されていた。

 五輪関連受注企業との関係は他にも指摘されている。

 森が代表理事を務めている「嘉納治五郎記念国際スポーツ研究・交流センター」にセガサミーホールディングスから2013年に4億円の献金があったことが報じられた。同センターは2009年から五輪招致活動に関わっている。

 そのセガサミーは東京五輪公式ゲームソフトの開発・販売ライセンスを独占取得。ちゃんと元は取っているのだ。

 こんな塩梅で、森喜朗は「無償でやっている」かの言い方をして自己宣伝するが、五輪で潤う企業から多額の献金を受け取ってきた。

 転んでもタダで起きないのが森喜朗だ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント