閲覧不能から1年目に「52万1600」を記録した!

 2020年02月13日の「仕方がない、また一からやるしかない!」から1年が経過した。

詳しくはここをクリック
https://kot8asb9070.at.webry.info/202002/article_1.html

 1年前のこの日、私のブログ「半歩前へ」がなんの前触れもなく突然、『404 Not Found』。当人も自分の投稿を見ることが出来なくなった。

 一体、だれが、何の目的で、こんな卑怯な手を使って閲覧不能にしたのか?

 ブログ「半歩前へ」は2009年から始めたが、『404 Not Found』中断はこれで5回目だ。

 1年前、ゼロからスタートした「半歩前へ」のPVが今月13日で「52万1600」を記録した。以前と比べると歩みはのろいが、「よくここまで回復したものだ」との感慨がある。

 ところで、古い体質の者はいまだに「右翼、左翼」でものごとを識別する。そんな時代がかった線引きは通じない。分けるとすれば、右や左ではなく、「上」か、「下」かである。富める者と富まざる者。格差の拡大。

 習近平が率いる共産中国は、欧米に勝るとも劣らない典型的な格差社会だ。中国共産党関係者が富を独裁し、それ以外の者は貧困に甘んじている。王族が支配するアラブと変わらない。

 それでも中国は共産主義だから「正義の味方」だと信じる中国シンパが日本国内には数多い。不思議な構図である。

 「日中友好」や「中国文化や歴史」などのソフトな雰囲気を前面に掲げ、巧みに日本国内の隅々まで潜り込み、「洗脳」し続けた効果が表れている。

 共産主義はあくまで建前で、習近平のやり方は「独裁」以外の何ものでもない。経済では「国家資本主義」。

 「半歩前へ」は、習近平の独裁に限らず、プーチン、金正恩とともに安倍晋三やトランプの独裁、独善も厳しく批判してきた。ミャンマーの軍事政権もこの範疇に入る。

 平和や民主主義を破壊する者には強く反対し、徹底的に批判するのが私の考えだ。この方針は今後も変わらない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント