習近平の横やりでSARSⅡが新型コロナウイルスに改名!

 中国は世界一の「武漢ウイルス研究所」で一体、どんな生物兵器を開発しようとしていたのだろう。

 いまだにコロナの発生源を明らかにしないのはどうしてか?

 当初、WHOは武漢発の伝染病をSARSⅡと命名するつもりだった。

 ところが、習近平が2002年11月16日に中国南部の広東省で発生した「SARS」を連想させるとして大反対しWHOに圧力をかけた。

 その結果、新型コロナウイルスなどと訳の分からない意味不明の名称がつけられた。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント