尖閣、波高し!中国海警局が1万トン級の退役軍艦を再利用!

 沖縄県・尖閣周辺での挑発を強める中国が牙を研ぎ始めた。

 周辺海域での武器使用を認め、1万トン級の退役軍艦を改装するなどカモフラージュ。

 対するわが海保は丸腰。これで沖縄の海を守ることが出来るのか?

 海上自衛隊が漁民保護のために出動すれば、中国は「待ってました」と攻勢をかける腹だ。

 そのために今後も執拗な挑発を繰り返すだろう。

***********************

 沖縄県・尖閣諸島周辺への侵犯を繰り返す中国海警局の艦船の武器使用を認めた「海警法」が2月1日、施行された。

 海警法は「国家主権、安全・海洋権益の保護」を目的に海警局を中国軍と一体化させ、平時と有事の間の「グレーゾーン」で尖閣に対する日本の実効支配を崩そうとする習近平指導部の狙いがうかがえる。

 尖閣諸島の領有権を主張する中国が、尖閣周辺で活動する海上保安庁の船舶や漁船に対して発砲するなど行動を先鋭化させる恐れがある。

 海警局は2013年の発足当初は政府機関だったが、18年に軍の最高指導機関である中央軍事委員会の指揮下にある人民武装警察部隊(武警)に移管。

 海警法は海警局が中央軍事委の命令により「防衛作戦などの任務を執行する」と明確にした。

 海上保安庁法で「軍隊の機能」が否定され、武器使用も厳しく制限されている海保は無防備状態だ。

 海警局の実態は「第二海軍」だが、海上法執行機関の建前を維持している。

 この理由は「海警局の動きに対して海上自衛隊が出動すれば、日本が『軍』を動員し事態をエスカレートさせたと国際社会に主張できる」(中国の国際関係専門家)ためだ。

 世界最大の沿岸警備組織を誇る海警局には排水量1万トン級の退役軍艦を改装して再利用。

 中国が領有権を主張する南シナ海でも周辺国との緊張が高まる可能性がある。 (以上 時事通信)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント