若い女性目掛けて「精液」振りかける機動隊員!

 神奈川県警監察官室は22日、女性のバッグに体液をかけるなどしたとして、器物損壊などの疑いで、第1機動隊所属の男性巡査(27)を書類送検するとともに、停職6カ月の懲戒処分にしたと発表した。男性は同日付で依願退職した。  書類送検容疑は昨年2月2日、JR横浜駅構内で20代の女性が持つバッグと女性の足に、プラスチック容器に入れた自身の…
コメント:0

続きを読むread more

大変だ、都内の女児が強力・変異種コロナに感染!

 厚労省は22日、東京都の10歳未満の女児が英国で拡大している変異種コロナに感染したのを確認した。  海外への滞在歴はない上、滞在歴がある者との接触も確認できておらず、同省は「市中感染の可能性がある」として感染経路を調べている。 (以上 共同通信) ****************  英国型の変異種コロナがついに東京に…
コメント:0

続きを読むread more

PCR検査に厚労省の厚い壁!首相も手を焼く省益!

 日本では厚労省の壁に阻まれてPCR検査はいまだに遅々として進んでいない。  市中感染が広がっていると認めながら、検査をしないので、どこの誰が無症状感染者かも分からない。  首相の言うことも聞かず、逆らう厚労省とは一体何なんだ? 国民の命より「省益」が大事なのか?  中国と日本、PCR検査では月とスッポン!  中…
コメント:0

続きを読むread more

食料配給に4000人の学生が列を作った筑波大学!

 大学生と言えば非正規で働く社会人に比べ比較的楽なはずだが、その若者たちがコメやカップラーメンの配給に4000人が長蛇の列を作った。現実はそこまで深刻だ。  恐らく全国の大学や専門学校に通う若者たちが同様の環境に置かれているはずだ。  心配なのは退学者が続出することだ。  辞めたところで、この情勢では働き口など容易には…
コメント:0

続きを読むread more

各分野に専門家を配置した重厚なバイデン新政権

 バイデン新政権の閣僚人事の顔ぶれは多様性を重視したものになっている。  女性初の副大統領にハリス氏や、財務長官に経済の専門家イエレン氏を起用するなど、24の閣僚級ポストのうち、半分の12ポストで女性を起用した。  バイデン新大統領は国防長官に黒人として初めてオースティン氏、さらに米国先住民で初の閣僚として内務長官にハーラン…
コメント:0

続きを読むread more

醜態!感覚がマヒしてしまった日本のマスコミ!

 自国のことを他人事のように報じる日本の報道機関。  本当なら海外メディアに書かれる前に、自分たちが報じるべきではないのか?  先を越されて「恥ずかしい」と思わないのか?   感覚がマヒしてしまった日本のマスコミ。 ***********************  英紙タイムズ(電子版)は21日、今夏の東京…
コメント:0

続きを読むread more

人間を続けるなら、思いのたけを叫ぼう!

 無表情、無感動、無関心、そして無言で何も批判せず、憤りも感じないのか、じっと腰を下ろしてぼんやり人が投稿したフェイスブックを眺めている。  生きている意味があるのだろうか? 己があまりにも哀れだと思わないか?  まだ呼吸をしながら生きている証に発言してはどうか?  政府のコロナ対策に言いたいことがあるだろう。 …
コメント:0

続きを読むread more

バイデン新政権、対中強硬政策はトランプ路線を継承!

 バイデン新政権の中国政策が注目を集めていたが、対中強硬政策はトランプ路線を維持する考えだ。ブリンケン新国務長官が明言した。  習近平中国は、国際世論を無視して香港や少数民族を弾圧するばかりかアジアで覇権を強めている。  こうした民主主義や人権無視、力による領土・領海の膨張主義には断固たる姿勢で臨むと強調した。 ***…
コメント:0

続きを読むread more

報道に「真実と透明性を取り戻す」とバイデン新政権!

 トランプはニセ情報のツイートを、メディアから追及されると「オマエがフェークだ」と怒り、記者の口を封じ込めようとした。  こんな「狂気の4年」に、やっと幕が降ろされた。  米国に、「正気」が戻ってきた。 民主主義が再びスタートする。 ******************  共同通信などによると、バイデン新米大統領…
コメント:0

続きを読むread more

ウマイのなんの最高だ!冬はやっぱり鍋料理!

冬はやっぱり鍋料理  晴れているのだがこの日の東京は風が冷たい。  歩いていても、容赦なく吹き付ける向かい風が痛い。  そんな時、ふと頭に浮かんだのが鍋。寒い時は鍋料理に限る。決めた。  というわけで水炊きを作った。  材料は鶏肉に白菜、長ネギ、春菊、彩にニンジンを少々。  これで一応完成だが、豆…
コメント:0

続きを読むread more

異例づくめのバイデン新政権がスタート!

 女性初の米国副大統領となったアジア系のカマラ・ハリス氏、  黒人初の国防長官に指名されたロイド・オースティン氏、  運輸長官に指名され、同性愛者を公言したブティジェッジ氏らが話題となっている。  バイデン氏が指名した25人の閣僚級候補のうち、12人が女性、13人が非白人だ。  性別や人種の多様性は一気に広がった…
コメント:0

続きを読むread more