菅義偉首相の「最終的には生活保護がある」に絶句!

 物事には言っていいこと、悪いことがある。政治家ならなおさらだ。

 雪深い秋田から上京してやっと国会議員になったと、いかにも苦労人のような口ぶりの菅義偉。その実は、家業のイチゴ農家を継ぐのが嫌で故郷を捨てたに過ぎない。

 コロナで失業した者に「最終的には生活保護がある」と菅が言った。

 27日の国会。立憲民主党の石橋通宏が、コロナで「収入を失い路頭に迷う方を、首相の責任で(支える)約束をしてくれるか」と迫った。

 これに対し、菅義偉は「最終的には生活保護という仕組みがある」と答弁した。

 何んと冷たい言葉なのか。凍り付くほど冷たい言葉に絶句した。こんなことは、間違っても、首相が口にする言葉ではない。

 かつて大平正芳総理が国会答弁でこう言った。「政治とは陽の当たらい場所に陽を当てる仕事だ」

 人格の違いでは済まされない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント