溶け落ち原子炉の放射能の濃度はとてつもない数字!

 2011年3月11日の東日本大震災。その直後に起きた東電福島原発の水素爆発から間もなく10年を迎える。

 膨大な時間と人手と経費をかけた廃炉作業は遅々として進まない。

 核燃料が溶け落ち原子炉の放射能の濃度は、1兆の4万倍の4京だというから想像がつかない、とてつもない数字だ。

 いつ果てるとも知れない恐怖の作業現場について毎日新聞が報告した。

********************

 核燃料が溶け落ちるメルトダウン(炉心溶融)が起きた1~3号機内は放射線量が依然として高い。

 蓋の部分は「シールドプラグ」と呼ばれ、円盤状で3枚重ねになっている。

 2号機の蓋の内側部分に付着したセシウムを推計したところ、約2京~4京ベクレル(1京は1兆の1万倍)、3号機では約3京ベクレルになった。1号機は2、3号機より少ない約1600兆ベクレルだった。

 放射線量は毎時10シーベルト前後とみられ、近づくと1時間以内に死ぬほどの強さだ。

 蓋の部分は、1~3号機とも直径約12メートル、厚さ約60センチの鉄筋コンクリート製。原子力規制庁の担当者は「大量のセシウムは予想していたが、ここまで集中した汚染は想定していなかった」と話した。

 人が近づけないことから、廃炉作業で動かすのは困難な状況という。

 東電の担当者は「蓋の部分をどうするかは見通しが立っておらず、今後検討したい」と話した。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント