大阪市がコロナ陽性者に葬儀社の広告入り封筒送付!

 これは一体どういうことだ? 「手回しが良過ぎる」では済まされない。

 PCR検査で陽性と判断されただけで、神経が過敏になっている。変異種コロナはすでに日本に上陸している。従来型に比べ感染力が強い上に死亡率も高いという。

 そこへ葬儀社の広告入り封筒を送り付けるとは「コロナで死んでも葬儀会社の心配は要らない」と言っているようなものだ。

 市長の松井は責任を取って即刻、辞職してお詫びすべきだ。

******************

 大阪市のAさん(男性、30代)は1月中旬に発熱し、PCR検査を受けたところ陽性反応が出た。

 区の保健福祉センターから行動歴のヒアリングを受け、自宅療養を選択。

 後日、陽性者に対する勧告書と自宅療養中の注意点や相談先などが記載された書類の計2枚が自宅に送られてきた。
その封筒の表面には手書きでAさんの住所と名前が記され、裏面には葬儀会社「公益社」の広告が大きく印刷されていたという。 (以上 まいどなニュース)

問題の封筒の写真はここをクリック
https://maidonanews.jp/article/14134096

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント