自宅療養でこのまま死んでしまうのか!

 私たちが住む日本でこんなことが起こると誰が予想しただろう?

 だが、新型コロナウイルスに感染しても入院することすらできないのが現状だ。

 恐ろしい「医療崩壊」がすでに起きているのだ。

******************
NHKが現状を伝えた。

新型コロナウイルスに感染し自宅で療養する人の中には症状が悪化しても救急車の要請などをためらう人が出ています。自宅療養中に亡くなるケースも相次いでいる。

関西に住む50代の男性は今月8日、高い熱が出たためPCR検査を受けたところ、陽性と判明。

男性は入院を希望しましたが、保健所からは、「受け入れられる病院が見つからない」と連絡を受けました。

家では、50代の妻、それに20代の息子と娘の合わせて4人で暮らしていて、部屋を隔離したうえで自宅での療養となりました。

保健所からは健康状態を確認する連絡が1日に1回来ましたが、医師に診察してもらえないことに不安を感じたといいます。

男性は「悪寒がして体がガタガタ震えるような激しいせきが続いた。基礎疾患はないが、ひょっとすると急変して、死んでしまうのではないかという不安があった」と振り返っています。

しかし、もともと受け入れ先がないと言われていたので救急車を呼ぶことはせず、体調がかなり悪くなっても医師の診察を受けられないままやむをえず自宅で療養を続けたという。

男性が感染から1週間後に近くのクリニックを受診したところ、肺に炎症が起きていたということです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント