「バチッと電気ショックの頭痛」恐怖のコロナ体験!

 これは昨年12月、コロナに感染した東京都議の告白である。

 どこで感染したか心当たりはない。誰もが感染する恐れを実感し、「最大の備えをしてほしい」などとコロナの恐怖を語った。

******************
東京新聞が伝える恐怖の体験。

 「(陽性と聞き)『やってしまった』という思い。周囲や家族にうつしてしまわないか、と不安だった」。

 東京都議、山内晃さん(53)は昨年12月中旬、仕事を終えて帰宅後に発熱。PCR検査を受け、陽性が分かった。

 「常にマスクを着けて会食も避けていた。感染経路に全く心当たりがない」という。

 突然、数分おきに「バチッ、と電気ショックのような激しい頭痛」を繰り返す。片頭痛持ちでもあり、翌日入院した。

 コロナ患者3人と相部屋。「嘔吐が止まらない、夜中にうめき声を漏らすなど、さまざまな症状の人がいた」。

 同じ階には一般病床もあり、部屋から出ることを禁じられた。

 「トイレは皆、室内でし瓶などで済ますため臭いに悩まされた。

 医療従事者の過酷な労働環境を実感した」と振り返る。

 年末に退院したが、疲れやすく、体調は優れない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント