衣の下から鎧を見せた習近平!日本近海に艦船配備!

 習近平がいよいよ衣の下から鎧を見せ始めた。大砲を搭載した艦船を沖縄県の尖閣周辺への配備を正式に決定した。22日、海警局の権限などを定めた海警法に署名した。2月1日から施行する。

 海警局を「重要な海上武装部隊」として軍事組織としての位置づけを明確にした。日本固有の領土である尖閣諸島の周辺や南シナ海で中国艦船の行動がより一層、先鋭化する可能性がある。

 日本政府の口頭抗議は何の意味も持たないことがよく分かった。

 海保だけで対処できるのか? 菅政府はどのような対抗手段を考えているのか? 覇権国家とどう向き合うのか?

 **********************

 日経によると、日本の海保と海警局との大きな違いは、中国の人民解放軍の最高意思決定機関である中央軍事委員会の指揮のもとで「防衛作戦の任務を遂行する」点を明記した点だ。

 海警局の母体はもともと中国政府の国家海洋局で、行政組織だった。非軍事色を出して米国や周辺国との軍事的衝突を避けながら南シナ海など実効支配海域を広げる狙いがあった。

 ところが、2018年の改組で人民武装警察部隊の傘下に入り、今回の新法制定で、法的にも軍事組織に改編された。

 習近平指導部は「強国」路線を打ち出しており、有事に米海軍の指揮下に入る沿岸警備隊を意識した可能性がある。東・南シナ海で「第2の海軍」として影響力を高める狙いだ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント