「ようやく米国がお行儀良くなった」と森本毅郎!

 世界の各地から「アメリカ、お帰りなさい」の声がこだました。

 ディール(取引)。すべてを金儲けに置き換える下品なトランプ政治にやっと終止符が打たれ、まともな米国が戻る。

 フリー・アナウンサーの森本毅郎が今朝のラジオで「ようやく米国がお行儀良くなった」と言った。

 みんな、うんざりしていたのだ。

 バイデン新大統領の就任を心から歓迎したい。

**********************

 米国の第46代大統領に就任したバイデン新大統領は、就任演説で「民主主義が勝利した。分断は深く現実のものだが、国民の結束に全身全霊を尽くす」と訴えた。

 就任式は新旧大統領が顔をそろえるのが恒例だがトランプは欠席し、ペンス前副大統領や歴代の大統領夫妻が顔を揃えた。

 バイデン新大統領は演説の冒頭、「きょうはアメリカの日であり、民主主義の日だ。民主主義が勝利を収めた」と強調。

 その上で「分断は深く現実のものだ。私は国民と国家の結束に全身全霊を尽くす。すべての国民に加わってほしい」と訴えた。

 次いで「私はすべての国民の大統領になると誓う。私を支持してくれた人だけでなく、支持しなかった人のためにも同じように懸命に闘う」と強調した。

 また「同盟を修復し、再び世界に関与する」と述べ、国際協調を重視する姿勢を示した。

 演説では終盤、新型コロナウイルスの犠牲者に黙とうを捧げたあと、「今は試練の時にある。民主主義と真実への攻撃、猛威をふるうウイルス、格差の拡大、人種差別、気候変動に直面しているすべてに同時に向き合い、かつてないほど大きな責任を果たさなければならない」と指摘。

 「恐怖ではなく希望、分断ではなく結束、暗闇ではなく光の物語をともに紡ごう」と呼びかけた。 (以上 NHKから引用)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント