「政治家も日本国民も真剣さが足りない」と中国人記者!

 東京在住の中国人ジャーナリスト、周 来友(ZHOU LAIYOU)氏が、「密輸・中国製ワクチンを打つ日本の富裕層 自己中だらけでコロナに勝てるの?」と、自己中心だらけの日本を皮肉った。

 さすがジャーナリスト、いいところを見ている。そしてこう言った。日本の「政治家も国民も真剣さが足りない」!

*********************
周 来友氏の記事である。

 2度目の緊急事態宣言が出された。だが、これで感染拡大を封じ込められるのだろうか。政治家も国民も真剣さが足りないように思う。

 国民には不要不急の外出を控えるよう求めておきながら、「4人以下で、午後8時まで」という会食ルールを作ろうとした国会議員のセンセイたち。

 そして、以前ほど「緊急事態」を深刻に捉えず、外出をやめない人々。

 1月1日に毎日新聞が興味深いニュースを報じた。中国からのワクチンが「密輸」され、大企業15社のトップとその家族ら計18人が接種したという。

 自分一人ワクチンを打ったところで経済は回復しないし、おまけに日本では未承認の中国製ワクチン。私には理解できない行為だが、何でもいいからすがりたい心境だったのだろう。

 このニュースは中国でも話題になった。中国製ワクチンを打つなんてバカじゃないか、というわけだ。日本人の大半は中国製を信頼していないが、それは中国人も同じ。

 確かに中国はコロナを封じ込めたというイメージがある。だがその対策にしても、まだまだ信頼には値しない。

 日本ではあまり報じられていないだけで、今も中国ではあちこちで感染者が出ている。すぐに外部との接触を遮断するため目立っていないだけだ。

 大連では感染者が出たマンションの1階入り口を、当局の人間が外から溶接し、住人が出入りできないようにした。

 遼寧省では銭湯で感染者が出るや、その場にいた客全員が有無を言わさず、そのまま隔離されてしまった(さすがに服は着せてもらえたようだが)。

 強権的な手段で感染を封じ込めているのが実態だ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント