いまだに存在感「限りなくゼロ」の立憲民主党!

 立憲民主党代表代行の蓮舫は18日、菅義偉が同日の衆参両院の本会議で行う施政方針演説の原稿を、首相が国会で演説する前にツイッターに流した。慌てて立憲民主党が謝罪した。

 長文の施政方針演説内容は、事前に全国会議員や大手マスコミに配られるが、公表は「演説後」との取り決めがある。蓮舫は国会の取り決め、掟を破った。

 蓮舫は、常に重箱の隅をつつくように政府・自民党のあら捜しをして、鬼の首でも取ったように騒ぎ立てる。

 国民生活にかかわる重大問題ならいざ知らず、枝葉末節を取り上げるのはいい加減やめたらどうか? みっともない。

 そんなに暇なら、国政調査権を駆使して安倍政府と電通の癒着の構造、創価学会と自民党の密約の謎、などの課題に取り組んだらどうか?

 そして調査結果を国会で“爆弾発言”すればいい。かつての野党には楢崎弥之助のような、独自調査でたびたび政府与党を震え上がらせた政治家がいた。

 立憲民主党は昨年、国民民主党から議員をゴッソリ引き抜き、念願の野党第一党の地位を確保した。党首に再選された枝野幸男は景気のいい言葉を並べたが、あれから何が、どう、変わったのか?

 いまだに立憲民主党の存在感は限りなくゼロだ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント