コロナのワクチン担当大臣に河野太郎を任命!

 菅義偉首相は18日、新型コロナウイルスのワクチン接種に関し、政府全体の調整を河野太郎行政改革担当相に指示した。官邸で記者団に明らかにした。

 「ワクチンは感染対策の決め手だ。できる限り2月下旬までに開始する」と強調。安全で有効なワクチンを届け、接種を円滑に実施するのが狙い。

 政府のコロナ対応を巡る一連の後手批判を踏まえ、首相が指導力を発揮して感染抑制に取り組む姿勢をアピールする狙いだ。

 首相は河野氏に指示した理由について、行革担当相として複数の省庁にまたがる問題を解決する手腕を挙げた。

 河野氏は「各省からヒアリングするところから始めたい」と述べた。 (以上 共同通信)

*****************

 本来ならコロナ対策の窓口を自認する経済再生担当相の西村康稔が指名されるところ。

 だが、右往左往するだけで、ふたことめには「専門家の皆さんの意見をよく聞いたうえで」の西村では荷が重すぎると判断した菅は「切れのいい」河野太郎に白羽の矢を当てた。適任だと思う。

 河野太郎は、物事を俯瞰的に見渡し結論を下せる政治家だ。加えてスピード感がある。決断すると素早く実行に移す。こうした政治家に不可欠な要素を備えた議員は野党を含め極めてまれだ。

 私は河野洋平の息子、河野太郎を早くから注目している。山本太郎のライバルがいるとすれば、河野太郎以外にいないとみていた。

 が、肝心の山本太郎は、「命の選別は高齢者から」と問題発言した男の「処分を躊躇した」ことでミソをつけ、人心が離れ休眠状態が続いている。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント