機関砲搭載の中国艦船に脅され操業する沖縄漁民!

 沖縄の小さな漁船が中国軍指揮下の艦船によって脅されながら生活のために操業。いつ鋼鉄船に激突されるかも分からない。

 現にベトナムでは、鋼鉄製の中国艦船によって次々、沈没させられ、多くのベトナム漁民が命を奪われた。

 日本政府は沖縄漁民を守る義務がある。いつまで口頭での抗議に甘んじているのか?

 日本は完全に中国共産党政権になめられている。このままでいいのか?

************************

 地元紙の八重山日報によると、15日午前7時51分ごろ、中国海警局の船「海警1401」が石垣市の尖閣諸島・大正島南南東で領海侵入した。

 周辺では1人乗りの日本漁船(8・5トン)が操業しており、海保は中国公船に領海から退去するよう要求した。

 「海警1401」は約10時間30分後の午後6時25分ごろ、対象島南南東で領海外側の接続水域に出た。

 14日に領海侵入した際も、周辺で操業していた同じ漁船に接近するような動きを見せた。

 日本漁船の操業を連日妨害することで、尖閣諸島の領有権を主張する狙いがあると見られる。

 尖閣周辺の接続水域では15日午後6時40分現在、機関砲のようなものを搭載した「海警2201」のほか「海警2302」「海警1103」「海警1401」が航行している。中国公船が尖閣周辺を航行するのは6日連続。

 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント