四六時中、密告の恐怖政治に怯える香港!

 親や親族、親しい友人さえも信用できなくなっている。これほどつらくて不幸なことはない。

 習近平中国による香港版「治安維持法」である国家安全法の施行からまもなく半年。

 自由で明るかった香港が激変した。四六時中、恐怖政治に怯える毎日だ。

 その怯えは香港だけに留まらない。台湾や日本で暮らす香港人にも及んでいる。

 香港を恐怖に陥れた中国共産党が憎い。

 新聞記事にこんなのが載っていた。

 台湾の大学で学ぶ香港人の先輩が言った。香港人の新入生たちが同胞に強い不信感を抱き、自身の家庭環境など素性を明かさない。50人ほどに入学手続きを教えたり、歓迎会を開いたが、態度は変わらなかった。

 「多くの新入生は香港で民主化運動に参加した経験がある。みんな、密告されることを恐れている」と先輩。

 そういう本人も6月末に国安法が施行された後は、仲の良い友人以外とは民主化運動の話をするのを避けてきた。香港の母親からも「政治には関わるな」と厳しく注意を受けている。

 中国共産党の摘発を恐れ、香港に帰郷する時には、台湾でSNSに投稿した民主化運動絡みの内容をすべて削除した。

 周囲の友人には、香港の親族が死去しても帰郷しない者もいる。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント