踏んだり蹴ったりの全日空、今度は大幅賃金カット!

 全日本空輸は25日、来年1月から基本給や諸手当を一律5%減額することで労働組合と妥結した。ボーナスに相当する一時金は今冬分の支給を創業以来初めてゼロに見送っており、従業員の年収は3割減となる。

 労組側は雇用維持を条件に受け入れた。同社は新型コロナウイルス流行による旅客需要の激減で業績が悪化し、人件費の削減を進めている。

 全日空は労組に対して、厚生年金保険料の従業員負担を従来の3割から5割に引き上げることも提示している。

 労組は、乗務回数に応じた手当が収入の多くを占める客室乗務員ら若年層を中心に「生活が困窮する懸念がある」として、警戒感を強めている。  (以上 共同通信)

*********************

 年収の3割減はきつい。観光振興が国策となって、全日空は学生たちが就職したい企業の上位を常に占めていた。

 企業としても右肩上がりに成長してきた。それが、中国・武漢発の新型コロナウイルスによって一気に創業以来の大赤字に転落した。

 気の毒というほかない。社員は果物農家の応援に出向するなど想像もしなかった環境に陥った。その上今回の大幅カット。航空会社は乗客の命を預かる職業。

 それだけに、身も心も萎えてしまわないか心配だ。がんばって、などと気休めはとても言えない。

 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント