イスラム諸国が中国のウイグル弾圧に沈黙する理由!

 世界には多くのイスラム国家が点在するにもかかわらず、共産中国によるウイグル人への弾圧になぜ、抗議の声を挙げないのかと不思議に思っていた。

 挙げたくても、挙げられない理由があった。

 経済で共産中国に頭を押さえつけられているというのだ。

**********************

 【ワシントンAFP=時事】米国の複数のイスラム教団体は17日、「イスラム協力機構(OIC)」について、中国のウイグル人弾圧に沈黙し、ジェノサイド(大量虐殺)とも言われる中国の行為を助長していると非難し、声を上げるよう求めた。

 OICは、イスラム諸国56か国とパレスチナが加盟し、サウジアラビアに事務局を置く国際組織だ。しかし、中国のウイグル人弾圧に関しては沈黙を続けてきた。

 中国・新疆ではイスラム教の慣習を根絶し、「強制的に漢民族に同化」させる試みの一環として、ウイグル人100万人以上が強制収容所に入れられている。

 全米最大のイスラム人権団体「米イスラム関係評議会」など米国の複数のイスラム教団体は、OIC加盟国は中国の力に恐れをなしていると非難した。

 イスラム教徒で学者・人権活動家でもあるオマル・スリーマン氏はオンライン記者会見で、「中国がイスラム世界を経済的に支配し、すべてのイスラム諸国を孤立させ、ウイグル人を支援するという大義に口先だけ賛同することさえ恐れさせている」と指摘した。

 米国に移民したルーシャン・アッバスさんは、中国が巨大経済圏構想「一帯一路」を推進する中で、イスラム教徒に向けた政策を輸出する可能性があると警鐘している。

アッバスさんの活動を受けて、中国はアッバスさんの姉妹を拘束した。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント