罵詈雑言を吐いて「報道」をののしった習近平!

 習近平が罵詈雑言を吐いて自由主義国家の「報道」をののしった、と共同通信が報じた。そして「報道の自由」などというものは誤りだ、と決めつけたと言うから習近平はキの字だ。

 習近平は、報道なるものはプロパガンダ(特定の主義・思想の政治宣伝)の道具に過ぎない、と考えているようだ。権力者の言いなりになるのが当然で、政権批判など許されないと信じ切っている。

 彼は過去にこんなことを言った。共産中国は戦争しても負けない。「例え100万(人)の兵が命を落としても、わが国にはまだ、14億いる」

 この発言を聞いて身震いした。兵と言えども人間だ。習近平は中国人民を奴隷とでも錯覚しているのではないか? 

 こんな精神に異常をきたしたような者が米国と覇を競っている。危険極まりないことである。

 習近平にとって、報道など虫けら同然だ。

********************

 共同通信によると、習近平が西側メディアについて、イデオロギー的偏見に基づき中国の政治体制を攻撃しており、「報道の自由」などというものは誤りだと激しくののしっていた。中国で先月出版された習近平の発言集で判明した。

 この中で習近平は2016年2月19日の国内報道関係者との会合で「西側メディアは他国のマイナス面やスキャンダル、暴力、さらには針小棒大なニュース―ばかり報じている」と言葉を極めて激しく批判した。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント