教師によって繰り広げられる性犯罪を誰が止めるのか?

 下着を脱がして下半身を触ったり、無理やりキスをするなどの児童生徒への性的行為を知っていながら「見て見ぬふり」をする同僚の教師たち。

 中には教え子に性交を繰り返した教師がいる。

 学校と言う特殊な密室で繰り広げられる性犯罪を誰が止めるのか?

*********************

 共同通信によると、子どもの時に教員による性暴力を受けた東京都のフォトグラファー石田郁子さん(43)が10日、文部科学省で記者会見した。

 同様の被害に遭ったことがある人を調査した結果、加害行為に気付いた別の教員の6割が「見て見ぬふり」だったと発表した。

 教員による通報の義務化などを求める提言書を鰐淵洋子・文科政務官に手渡した。

 調査は7月、インターネット上で実施し有効回答は149人。41人は「他の教員が気付いていた」としたが、その教員の対応を聞いたところ、63・4%に当たる26人が「見て見ぬふりをされた」と答えた。

 他は「加害教員に脅されて何もしてくれなかった」3人、「黙っているように言われた」2人などだった。

 石田さんは「子どもは『先生が悪いことをするはずない』と思ってしまう」と説明した。 109人は被害が2回以上継続していた。

 被害が終わった理由を回答した108人のうち、最も多いのが卒業や教員の異動による「自然消滅」で58人。「保護者や警察、他の大人が介入してやめさせた」のは5人だけだった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント