「尖閣は日米安保の適用内」とバイデン明言!

 習近平中国による尖閣への挑発は堂々と日本の領海に侵入を繰り返すなどエスカレートしている。そうした中で米次期大統領のバイデンが「尖閣諸島に日米安保が適用される」と明言した。これは重要な発言である。  中国の挑発は米国の出方を探っていた。尖閣に手出しをすれば「米国が動く」となれば、うかつに手出しが出来ない。  中国国内で一段と…
コメント:0

続きを読むread more

コロナ感染爆発! あっちもこっちも各県で最多更新!

 12日の国内でのコロナ感染者は、これまで最多だった8月7日の1605人を上回る1660人と過去最多を更新した。  北海道(236人)と神奈川(147人)、兵庫(81人)、茨城(26人)各県で最多を更新した。  コロナ担当の西村康稔は、「大きな流行が起きつつあることは間違いない」と言いながら傍観し続け、具体的な対策は何一つ聞…
コメント:0

続きを読むread more

日本学術会議は香港民主派を見習って全員辞職すべき!

 中国共産党の完全なカイライである香港政府は11日、香港の民主派4人の議員資格をはく奪した。中国共産党政府を批判し、民主化運動を行ったというのが理由だ。  民主派議員19人は同日夕、会見し4人以外の15人も抗議のため一斉辞職すると表明した。  これによって香港議会は親中国派だけとなって、完全に形骸化する。  勇気ある1…
コメント:0

続きを読むread more

習近平中国、民主派弾圧に拍車!議員資格をはく奪!

 中国共産党の指揮下にある香港政府は11日、香港議会の民主派4議員の資格をはく奪した。  大統領選に絡む米国の混乱のスキをついて民主派弾圧を一層強めたものだ。  「一国二制度の順守」を世界の公約しておきながら、公然と約束を破棄した習近平中国。  世界は中国共産党政権が続く限り、どんな約束をしても中国を信用しないだろう。…
コメント:0

続きを読むread more

「原発ある以上事故起こる」と再稼働OKした知事!

 東北電力女川原発2号機の再稼働容認の会見で宮城県知事の村井嘉浩が11日、耳を疑うような発言をした。  「再稼働は必要だと考えている。原発がある以上、事故が起こる可能性はある。事故があったからダメとなると、すべての乗り物を否定することになる。技術革新をして人類は発展してきた」(朝日の記事から引用)。  原発はその辺を走ってい…
コメント:0

続きを読むread more

たった1字の間違いで180度意味が異なる落とし穴!

 「トランプは稀に見る人種差別主義者だ。黒人が警官の首を絞められて殺されても、警官が丸腰の黒人を背後から銃殺しても、一度も咎めようとしなかった」。  これは私が投稿したものだ。後日、読み返してハッと気づいた。欠陥文章だ。読解力の優れた人ならたちどころに「キーの押し間違い」と分かるが、そうでなければ何が言いたいのか意味不明だ。 …
コメント:0

続きを読むread more

警察署が丸ごとコロナに占拠され、お手上げのイチコロ!

 警察署が丸ごとコロナに占拠された。完全に機能停止に陥った現場には、急を聞いて駆け付けた県警本部が市民生活の対応に当たっている。コロナに襲われたら警察署もイチコロだ。アウト! *************************  時事通信によると、新潟県警南魚沼署では警察官ら15人の感染が判明。  同署の感染者は計16…
コメント:0

続きを読むread more

「コロナ慣れ」が感染拡大を助長!各地で過去最悪!

 大変だ。コロナ第3波が日本列島を丸飲みして、猛威を振るっている。  市中感染は東京や大阪などの都市部だけでなく、全国各地で起きている。  大阪のほか、きのうは埼玉、兵庫、茨城、新潟、岩手などでコロナの感染者がいずれも過去最悪の数字を記録した。  GoToトラベルで「人の移動が活発になった」ことと無関係ではない。 …
コメント:0

続きを読むread more

危険な妨害工作に歯止めがかからない狂人・トランプ!

 超大国、米国の歴代の大統領には、世界の安定への責任を果たす役割を担っていた。それが自由と民主主義、基本的人権を守る基本だったからである。  ところが、トランプはそんなことにはお構いなしに、選挙で敗れた腹いせに、あろうことか、国防総省を骨抜きにする危険な妨害工作に打って出た。信じられない行動である。  国家の安全の要である国…
コメント:0

続きを読むread more