麻生太郎の前で「世襲批判はできない」と菅義偉!

 80歳になる麻生太郎は息子を後継に考えている。選挙区は利権の基盤だ。長い間時間をかけて培ってきた宝だけに他人には渡したくない。世襲がはびこっているのはこのせいだ。  民主主義の歴史が長い英国やフランスではいくつもの関門を経て国会議員に出馬する資格を得るが日本ではそうではない。  漢字が読めなくても、過去に強姦事件を犯してい…
コメント:0

続きを読むread more

「暴走族・トランプ」の非道を放置してはならない!

 トランプは大統領選が開票中にもかかわらず、世界に向けて「勝利宣言」もどきのパフォーマンスを行った。これについて産経のワシントン支局長、黒瀬悦成は「トランプ氏の勝利宣言は暴挙だ」と痛烈に批判した。  黒瀬の言う通りだ。取材中に記者がここまで批判するのは異例のことだ。民主主義のルールを無視し、結果も判明していない中で毒舌を重ねるトラ…
コメント:0

続きを読むread more

退職金3500万円を満額懐にした小池百合子!

 小池百合子が1期目の都知事退職金3500万円を懐に入れていた。退職金の出所は都民の税金だ。  コロナ禍で非正規や派遣社員は突然のクビ切りや「雇い止め」に遭い、家賃も払えない状態だ。飲食店など零細業者は長く続いた自粛要請で経営が成り立たず倒産するところが続出している。  そうした中で「3500万円」がっぽり独り占めした小池百…
コメント:0

続きを読むread more

「地下は空洞だらけではないか」と不安を募る調布市民!

住宅街の道路のど真ん中の突然大きな穴が開き住民を仰天させた東京 調布市の住宅街で4日、新たな地下空洞が見つかった。 空洞は調布市東つつじケ丘2の地下5メートルにあり、幅4メートル、長さ30メートル、厚さ3メートル。10月18日に道路が陥没した場所から40メートル北側に位置している。現場の地下では東日本高速道路が「東京外かく環状道路…
コメント:0

続きを読むread more

GoToトラベルに便乗したJTBの「るるぶ」に要注意!

 「ここ掘れワンワン」ではないが、次々と問題が発覚している「GoToトラベル」を今後は「GoToトラブル」と呼んで注意したほうがいい。  「地域共通クーポン」の不正取得が相次いでいる問題。  中でも、大手旅行代理店「JTB」(旧日本交通公社)が運営する「るるぶトラベル」を経由した予約を通じて、不正取得が続出していると「週刊文…
コメント:0

続きを読むread more

小泉進次郎サンの「叡智に満ちたお言葉」!

 「今回の大統領選はとても接戦となっていますが、トランプが勝てばトランプが大統領、バイデンが勝てばバイデンが大統領になると予想しています。私個人の考えですが、それ以外の可能性は考えられません」  これは環境相の小泉進次郎を茶化した「叡智に満ちたお言葉」と題した「侍」さんのツイートだ。  国連環境会議で温暖化対策を聞かれ「セク…
コメント:0

続きを読むread more

世界が米大統領選に注目する理由がこれだ!

 他国の選挙でなぜ、日本のメディアはこれほど騒ぐのか? と首をかしげる向きがある。  興味本位に騒いでいるのではない。米国の大統領選挙の結果は、米国一国に留まらず、世界に大きく影響を及ぼすからである。  今回の選挙を注目しているのは日本だけではない。欧州各国もアジアも関心を持って見守っている。最も関心を示しているのは共産圏の…
コメント:0

続きを読むread more

バイデン勝利の確率は89.2%と米世論調査!

 ブルームバーグによると、米大統領戦で民主党候補のバイデン前副大統領が勝利する確率は89.2%と、2日の90%からわずかに低下した。世論調査の分析を行うファイブサーティエイトの最新の予測モデルが示した。  バイデン氏は全米538人の選挙人のうち350人を獲得する見通しだという。  この予測通りだと、大統領選挙は混乱なく収束す…
コメント:0

続きを読むread more

菅内閣の陰で密かに政権返り咲きを狙う安倍晋三!

 安倍晋三が政治活動を徐々に再開し始めた。自身が会長を務め改憲を掲げる議員連盟「創生日本」の会合を開くなど積極的に動き始めた。  メンバーは萩生田光一や下村博文、西村康稔、稲田朋美らの国家主義的傾向が強い面々で固めている。  毎日新聞によると、11月1日には、自分の選挙区の山口県に入り、3日間にわたり精力的に地元を回った。 …
コメント:0

続きを読むread more

バイデン勝利を予想しNY市場一時600ドル超上昇!

 つい先日まではトランプが勝利すると株は上がるが、負けると下がると言っていた。  株屋の世界は凡人には分からない。理解不能。  なんだかんだと理屈をつけては売り買いをする駆け引きの場だ。  生き馬の目を抜くような熾烈な世界である。 *******************  3日午前のニューヨーク株式相場は…
コメント:0

続きを読むread more