東日本大震災の「復興伝承館」がオープン!

 「のど元過ぎれば熱さを忘れる」と言うことわざがある。東北の、それも被災地以外の人は、「東日本大震災は遠い過去の出来事」と思っているのではないか?

 現地はまだ半分も、元の姿には戻っていない。このところ全国各地で毎年のように豪雨による大洪水や山崩れ、そこにコロナ騒動が持ち上がり、東日本大震災は忘れ去られようとしている。

 忘れてはならない。風化させてはならない。東日本大震災は、人類が末代まで伝えるべき大事な教訓だ。 

******************

 東日本大震災の津波で被災したJR仙石線旧野蒜駅舎を改装して整備した「東松島市震災復興伝承館」(宮城県東松島市野蒜北余景)が31日、リニューアルオープンした。

 震災10年を前に市の被災後の歩みを伝えるパネルを追加し、復興に尽力した全国の応援職員の名を刻むなど、感謝と希望を伝える展示を増やした。

 野蒜地区は津波で市内最大の約500人が犠牲となり、旧野蒜駅も高さ3・7メートルまで浸水した。市は津波で線路や柱が折れ曲がるなど津波の痕跡を残すプラットホームを震災遺構として残し、旧駅舎も伝承施設として2016年10月にオープンしていた。  (以上 毎日新聞)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント