あの強姦魔の元ミスター慶応をまた逮捕!

 セックス・マシーンと呼ばれたあの強姦魔、元ミスター慶応が、またワイセツ事件を起こした。同様の逮捕はこれで6回目だ。

 この男の強姦癖は治らないようだ。

 共同通信によると、埼玉県警は20日、強制性交などの疑いで、千葉県の無職、渡辺陽太(24)と、知人で栃木県の職業不詳、光山和希(24)を逮捕した。  (以上)

***************************

 2人とも慶応大卒である。そろって「無職」と「職業不詳」だ。

 渡辺陽太は慶大在学中にも同様の女性暴行事件を起こし5回逮捕された「強姦の常連」である。

 Business Journalによると、「あいつはイケメンなので、(女性が)引っかかるんですよ。在学中はミスター慶応だったことから、芸能人とか業界関係者と合コンしまくっていました。

 普通にその辺を歩いている女性に対しては上から目線というか……。『俺様が声をかけてやっている』という、そういう雰囲気だったようです。

 だから、またやると思っていました。『高校時代でも留学先でやんちゃしていた』とか、武勇伝を語っていましたし、そういう女性へのスタンスって基本的に変わりませんよね。

 あの時も、祖父とかには怒られたらしいですけれど、その後も夜遊びはやめられなかったみたいですしね」と慶大OB。

 「あの時」というのは、渡辺が2018年10月16日、準強制性交(強姦)容疑で神奈川県警神奈川署に逮捕された時のことだ。

 この事件では、渡辺は酩酊状態で歩いていた面識のない女子学生(19)を雑居ビルに連れ込み乱暴。その後タクシーで移動し、路上で被害女性の腹を蹴っていたところを通報され、現行犯逮捕された。 (以上 Business Journal)

********************

 渡辺の千葉の実家は、祖父が事業で大儲けし、資産100億円を超える勝ち組となった。

 慶大生仲間の話だと、渡辺は都内でも一等地の白金に豪華マンションを買い与えられ、そこで、とっかえ、ひっかえ、美女学生を連れ込み、淫乱な日々を送っていたという。

 慶大は、こんな渡辺をよく卒業させたものだ。裏で相当カネを積んだのか? 

 慶応の張り巡らされた人脈を駆使して就職に臨んだが、無理だったようだ。当然だ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント