入社6カ月で「希望退職」迫られた新入社員たち!

 「入社6カ月で“希望退職”迫られたホテル勤務22歳が激白、コロナ失業の現実とは」との見出しで横山耕太郎が次のように書いた。

***********************
以下に原文抜粋。

 東日本にある客室数500を超える大型ホテルで、2020年4月から新卒正社員として働いていた22歳の男性は、10月末でホテルを退社した。

 コロナで経営不振に陥った会社から「入社1年目から3年目の社員」は、「組織スリム化」のためのリストラの標的にされた。「希望退職」は名ばかりで実質、選択肢のないクビキリ退職だった。

 入社後、わずか6カ月で男性は「退職」を突き付けられた。男性は「憧れの職場」で働けることを楽しみにしていたという。しかし新型コロナウイルスが、ホテル業界を直撃した。

 9月上旬。親会社の社長が参加する説明会が開催されるとのメールが届いた。社員を前にした社長は、「グループの経営が厳しい状況にあります。不動産の賃借料の支払いも滞納している状況だ」と窮状を説明。すぐにその場を去った。

 その直後、ホテルの総支配人が「組織のスリム化を図るため、従業員を半数程度にします。希望退職を募ります」と説明。ステージ上のスクリーンにはスライドが投影され、対象者選定基準として、「入社1~3年目までのスタッフ」と、統廃合される部署が挙げられたという。

 「その時はショックで何も考えられませんでした」「社長はリストラについてほとんど説明せずに、会場を去りました。『僕たち働き手のことを何だと思っているのか』と、後から怒りが湧いてきました」

 男性が勤めていたホテルの親会社の関係者は、「会社を守るため、希望退職の募集はやむを得なかった」と説明した。

詳しくはここをクリック
https://www.businessinsider.jp/post-224102

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント