「2回目の10万円給付」はない!詐欺に騙されるな!

 ネットはワルがウヨウヨ存在する。新手の詐欺。

 今度は特別給付金で「2回目の給付が決定した」と「うそメール」を送る手口だ。

 「2回目給付」など何も決まっていない。スキあらばと、アナタのカネを狙っている。

 おかしいと感じたら「削除」するのが一番だ。間違ってもクリックなどしてはならない。

***********************

 日経によると、コロナ対策として政府が10万円を配った特別給付金の「2回目の給付が決定した」とする「うそメール」が出回っている。

 ニセの手続きサイトに誘導し、個人情報を入力させて盗み取る。メール、サイトの作りは巧妙で注意が必要だ。

 メールは総務省を装って、「施策の目的」「事業費」「事業の実施主体と経費負担」などを記載。特別定額給付金事業に関する説明を詳細に記載している。

 メールに記載されたリンクをクリックすると、オンライン申請の手続きを装ったウェブサイトにつながる。実際は個人情報を抜き取るための「詐欺サイト」だ。

 偽サイトにも給付対象者や手続きの手順についての記載があり、次に進むと氏名や住所、生年月日、振込先の入力ページが表示される。本人確認のためと称して、運転免許証やパスポートの画像もアップロードするよう求められる。

 ウェブサービスのアカウント登録や携帯電話のオンライン契約では、身分証明書の画像で本人確認をしているケースがあり、免許証などの画像をアップロードしてしまうと本人の「なりすまし」に悪用される。

 セキュリティー会社、マクニカネットワークス(横浜市)の政本憲蔵・セキュリティ研究センター長は「フィッシング詐欺で狙われる対象はカード情報や暗証番号に限らない」と指摘する。

 実際は特別定額給付金の2回目の支給などない。また、総務省は「給付金について政府や行政機関からメールで連絡することはない」と強調し、ホームページで偽サイトに注意を呼びかけている。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント