具体的な対策がまるで見えない都知事・小池百合子の言!

 小池百合子は19日夕に記者会見し、新型コロナウイルス対策で会食時は「小人数、小1時間、小声、小皿、小まめな換気と消毒」の5つの「小」の徹底を呼び掛けた。

 東京都は19日に感染者が新たに534人報告されたと発表。18日の493人を超えて2日連続の過去最多で、初めて500人を超えた。

 これについて白鴎大学教授の岡田晴恵はテレビ番組で、「小池先生どうしたのって、いうふうに思いました。具体的な対策っていうのが、春の時は時短とか行動制限とかロックダウンという強い言葉もおっしゃった。

 そういうことが全くない。今どうしているのかというと、感染者数が上がって、(感染)経路不明者数が上がって、市中感染率も上がって、そして高齢者まで広がっている。

 それで流行しやすい冬が来る。こういう時にどうしてこんな抽象的なことしか言わないんだろうと感じました」と疑問を投げかけた。 (以上 スポニチより抜粋)

********************

 岡田の言う通りだ。今必要なのは東京都知事の評論や解説ではなく、何をなすべきかの具体的な対策だ。評論家の都知事など必要としない。

詳しくはここをクリック
https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2020/11/19/kiji/20201119s00041000351000c.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント