「尖閣は日米安保の適用内」とバイデン明言!

 習近平中国による尖閣への挑発は堂々と日本の領海に侵入を繰り返すなどエスカレートしている。そうした中で米次期大統領のバイデンが「尖閣諸島に日米安保が適用される」と明言した。これは重要な発言である。

 中国の挑発は米国の出方を探っていた。尖閣に手出しをすれば「米国が動く」となれば、うかつに手出しが出来ない。

 中国国内で一段と独裁を強め、世界の覇権を目指す習近平が中国大陸を牛耳っている間は、極東に平和は望めない。スキあらばと狙っているからだ。

********************

 毎日新聞によると、米大統領選で当選を確実にした民主党のバイデン前副大統領は12日、菅義偉首相との初の電話協議で、米国の日本防衛義務を定めた日米安保条約第5条が沖縄県・尖閣諸島に適用されると明言した。

 首相は大統領選でトランプ大統領が敗北を認めていない中、バイデン氏をあえて「次期大統領」と強調し、重視する姿勢を示した。

 首相が「自由で開かれたインド太平洋」構想での連携を求めると、バイデン氏も「日米同盟強化とインド太平洋地域の平和と安定に向けて協力していくことを楽しみにしている」と応じたという。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント