選挙の投票を義務化すべきと石破茂!1000%異議なし!

 自民党の石破茂元幹事長は今年7月、大阪市内で講演した中で、国政選挙での投票率低下を念頭に、「民主主義が機能する条件は、可能な限り多数が参加することだ。投票は義務にすべきだ」と語った。

 石破氏は「一部のイデオロギー、特定の利害を共有する人たちは投票に行く。民主主義の名を借りてそういう人たちが好きなようにやる」と指摘。「(票を)入れたい政党、候補者がいないなら白票を入れてほしい。民主主義はそれほど厳しいものだ」と述べた。  (以上 時事通信)

**********************

 同感だ。無知な人間に限って、訳知り顔をして「だれに投票しても変わらない」と知ったかぶりをして、投票をさぼる。

 こういう輩によって約5000万票もの棄権票が出る。

 「入れたい政党、候補者がいないなら白票を入れてほしい」との石破茂の主張には100%では足りない。1000%同意だ。

 白票は立派な意思表示である。政治の体たらくに対しての抗議なのだ。

 選挙をさぼって誰が得をするかと言えば時の政府与党だ。低投票率の中、自民党は国政選挙で有権者総数のたったの17%の得票で政権の座に座り続けている。

 17%と言えば100人中17人が支持するだけ。これで好き放題のことが出来るのだ。森友事件も加計疑惑も、みんなここから起きている。愚かな国民は異議を唱えないので、居直りだって可能だ。

 働く者の4割が非正規。平たく言うと「日雇い労働者」である。何年、働こうが昇進もなければ昇給もない。ボーナスなどもらったことがない。

 厚生年金にさえ入れないので、風邪をひいても100%自己負担。だから風邪などひけない。医者にかかれないので、自分で気づかないうちに体が蝕まれる。

 4割がこの状態で、日本に未来があるのだろうか? そんなものはどこにもない。

 一体誰が日本をこんな国にしたのか? 「政治家だ」「自民党だ」。 いや、そうではない。選挙をさぼったバカ者どもだ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント